コーナン建設株式会社
会社情報 作品紹介 コンセプト システムフロー 50th 一級建築士事務所 採用情報

HOME > システム&プロデュース > スポーツ施設プロデュース


システム&プロデュース System&Produce
高齢者福祉施設プロデュース
スポーツ施設プロデュース
マンションに関するプロデュース

COHNAN KENSETSU
COHNAN KENSETSU
System&Produce 確かな「質」の集積による一貫したシステムで、お客様の信頼にお応えし、常に安心をお約束しています。
スポーツ施設プロデュース スポーツ施設プロデュース
健康志向はもはやブームではない。中高年の入会者の増加で運営が安定。
果たして今、自分は健康なのか?心の健康とのバランスは?誰もが抱く、そんな疑問や不安に応えるために、世の中では食生活の改善やサプリメントの摂取がうたわれ、スポーツクラブやフィットネスクラブへの関心がいっそう高まっています。クラブ施設への入会者数は年々増え続け、中高年ユーザーの定着により、クラブ経営も安定・堅実化。そして今、人々に強く求められているのは、楽しく通えて、いきいきと続けられる、新しいライフスタイルをエンジョイするためのフィットネスクラブです。
選ばれるスポーツ施設になるために…「清潔さ」と「新鮮さ」が選択の2大ポイント。
入会者がフィットネスクラブに求める要素はさまざまにありますが、中でも重要なポイントは2つ。それは、安心して気持ちよく過ごせる「清潔さ」と、変化や工夫に満ちた「新鮮さ」。コーナン建設には、新築からリニューアルまで、数え切れないほどの実績があり、立地分析から総合設計施工、アフターケアまでトータルにお付き合いできるノウハウがあります。選ばれるフィットネスクラブの建設は、施工会社のチョイスから。どうぞ安心して私たちにお任せください。

選ばれるのは楽しさと躍動感、そして安らぎのある空間。
癒しイメージ 癒し relaxing
たとえば、リラクゼーション。身体だけでなく、心までもやさしくほどけてゆく癒しの時間。
ロビーに一歩入れば、普段の生活とは違う心地よい空気に気持ちが自由に解き放たれ、エクササイズへの活力がわいてきます。運動後は、ジャグジーやサウナでさっぱりと汗を流し、きれいなパウダールームでゆったりリラックス。そんなくつろぎの時間も、利用者にとっての大きな楽しみです。

癒しイメージ 癒しイメージ
個性 studio
個性イメージ
たとえば、スタジオの個性。ここでしか出逢えないストーリーがあること。
個性イメージ
安全性 pool
安全性イメージ
たとえば、プールの安全性。水はきちんと浄化されているか、床は滑りやすくないか。
安全性イメージ
機能 machine
機能イメージ
機能イメージ
たとえば、マシンの機能性。進化する、拡張する、だからずっと続けられる。いつでも新鮮なステージ。

夢 なりたい自分がイメージできる場所。
すばらしい環境のフィットネスクラブで、理想とする自分に1歩ずつ近づく利用者の姿が増えること。それは、クラブ経営を支える事業主やオーナーにとっての夢の実現でもあります。


大切なのは、出発点。
プランを選ぶ
フィットネスクラブの建設は、ハード&ソフトの集積。しかも、新築かリニューアルか、単独の建物かテナントか…といったことでプランニングのポイントに違いが出てきます。土地のこと、予算のこと、さまざまな条件を考え合わせながら、クラブ運営の最適なスタートラインを選びましょう。

A 新築
新築イメージ
立地分析、イメージ構築、コンセプト立案から総合設計施工まで。
更地にフィットネスクラブを新築するなら、まずはその立地条件を分析し、入会者の特性を把握することから始めます。次に、目指したいイメージを描いてコンセプトメーキング。クラブ単独の建物ですから、外観には思い切りこだわって差別化を図りましょう。もちろん、中の施設や設備にも個性が必要です。イメージが散漫にならないように、すべてをトータルに設計・施工できる業者に依頼することが肝心です。
B 新築テナント
新築テナントイメージ
ポイントを押さえて自由度高く実現。
新築複合施設のテナントにフィットネスクラブが入る場合は、複合施設全体のコンセプトにある程度沿いながらの計画が必要となります。
さらに、立地条件や周囲のテナントの業種などを踏まえ、入会者の特性を予測したうえで訴求ポイントを決定。このポイントさえ押さえておけば、あとは新築のメリットを活かした自由度の高い設計施工が可能になります。
C 改装テナント
改装テナントイメージ
既存の建物を上手に活かしながら。
複合施設の既存店が撤退した後、新たなテナントとしてフィットネスクラブが入るケースでは、既存の躯体や内装をどこまで活かすか、どこからリニューアルするかを最初に考えなければなりません。活かしようによっては、コストが大幅に削減できることもあります。隣接するテナントとの調和や工事中の配慮も考えながら、求められる要素を上手に満たすためのノウハウが必要になります。
D リニューアル
リニューアルイメージ
段階的な投資も可能です。
1980年代の第1次フィットネスクラブ開発ブームから約20年が経過し、当時のの施設は老朽化や管理コストの上昇が問題になってきています。会員離れを防ぐには、入会者の視点に立ち、どこに力点を置くかをまず明確にすること。立地条件や入会者の特性をあらためて考え直し、弱みを補強して強みを活かす手法を計画します。優先順位をつけて段階的にリニューアルするのもひとつの方法です。

実績紹介
ティップネス武庫荘(設計施工) シティスポーツクラブ尼崎 ザクラブ・アットエビスカーデン
東淀川屋内プール セレ烏丸(設計施工) コナミスポーツクラブ香里園(設計施工)
コナミスポーツクラブ五井 グランサイズ青山(設計施工) ワウディー吉祥寺

PAGE TOP
サイトマップ リンク お問い合わせ 資料請求 協力企業の皆様へ プライバシーポリシー
(C)COHNAN KENSETSU INC.  All Rights Reserved.